コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平重忠 まつだいら しげただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平重忠 まつだいら-しげただ

1570-1626 江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)元年生まれ。松平重勝(しげかつ)の長男。元和(げんな)7年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主松平(能見(のみ))家をつぎ,駿府(すんぷ)城代をかねた。翌年出羽(でわ)上山(かみのやま)藩(山形県)藩主となる。4万石。寛永3年7月11日死去。57歳。三河(愛知県)出身。初名は重政(しげまさ)。通称は伝三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松平重忠の関連キーワード石山戦争元亀安土桃山時代(年表)弩爾哈斉・奴児哈赤弩爾哈斉ニコラオ今大路道三ニコラオケベード伊達政宗

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone