コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平重勝 まつだいら しげかつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平重勝 まつだいら-しげかつ

1549-1621* 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)18年生まれ。松平重吉(しげよし)の4男。三河(愛知県)の能見(のみ)松平氏。松平忠輝(ただてる)の家老となり,越後(えちご)三条で2万石を領した。忠輝改易(かいえき)後,下総(しもうさ)関宿に2万6000石をあたえられる。元和(げんな)5年遠江(とおとうみ)(静岡県)横須賀藩主となり,駿府(すんぷ)城代をかねた。元和(げんな)6年12月14日死去。72歳。通称は伝三郎,次郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平重勝の関連キーワード松平重忠松平重則松平勝隆