コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平雪川 まつだいら せっせん

美術人名辞典の解説

松平雪川

江戸後期の俳人。不昧の弟。幼名は駒次郎、諱は衍親、号に為楽庵・雲間等。二世旨原の門人で、その句は十分洗練されたものであり数も多かった。兄弟仲が良く、不昧の治績が大きいのは雪川の協力によるものが多い。享和3年(1803)歿、51才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平雪川 まつだいら-せっせん

1753-1803 江戸時代中期-後期の茶人,俳人。
宝暦3年11月23日生まれ。出雲(いずも)松江藩主松平宗衍(むねのぶ)の3男。茶道石州流不昧(ふまい)派開祖の松平治郷(はるさと)の弟。俳諧(はいかい)は小栗旨原(おぐり-しげん)にまなぶ。兄をたすけ,藩政にも参与。享和3年6月24日死去。51歳。名は衍親(のぶちか)。別号に為楽庵,帰洞子,仙亭など。句文集に「為楽庵雪川発句集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平雪川の関連キーワード松平衍親

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android