松平頼謙(読み)まつだいら よりかた

美術人名辞典の解説

松平頼謙

伊予西条藩松平家六代当主。紀伊和歌山藩七代藩主徳川宗将の五男。西条藩主松平頼淳が和歌山藩主となったため、その養嗣として西条藩主となる。従四位下。侍従兼式部大輔となり、左近衛権少将に任じられる。河川の治水、新田の開発に尽力した。文化3年(1806)歿、52才。法号は寿徳院玆元盈林日忠。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平頼謙 まつだいら-よりかね

まつだいら-よりかた

松平頼謙 まつだいら-よりかた

1755-1806 江戸時代中期-後期の大名。
宝暦5年3月7日生まれ。紀伊(きい)和歌山藩主徳川宗将(むねのぶ)の6男。先代頼淳(よりあつ)(徳川治貞(はるさだ))が宗家和歌山藩をついだため,安永4年伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平(紀伊)家6代となる。竹内立左衛門を奉行として西泉村地先を干拓して禎瑞(ていずい)新田を完成させる。文化3年9月2日死去。52歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android