コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川治貞 とくがわ はるさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川治貞 とくがわ-はるさだ

1728-1789 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)13年2月16日生まれ。紀伊(きい)和歌山藩主徳川宗直(むねなお)の次男。松平頼邑(よりさと)の養子となり,宝暦3年伊予(いよ)(愛媛県)西条藩主松平(紀伊)家5代。安永4年和歌山藩主徳川家9代となる。人材の登用,倹約の奨励,訴訟箱の設置などにより藩政の改革にあたった。寛政元年10月26日死去。62歳。初名は頼淳(よりあつ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

徳川治貞の関連キーワード本居宣長(国学者、神道学者)細川重賢細井平洲本居宣長松平頼謙徳川治宝玉くしげ松平頼淳戯瓢踊

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android