コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本交山 まつもと こうざん

美術人名辞典の解説

松本交山

幕末の画家。江戸生。名は機、字は真宰、大学と称する。通称は文右衛門谷文晁に師事し、のち法眼に叙せられる。慶応2年(1866)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本交山 まつもと-こうざん

1784-1866 江戸時代後期の画家,俳人。
天明4年生まれ。江戸深川八幡境内の茶屋松本の主人。店を弟にゆずって,谷文晁(ぶんちょう)門で画を,酒井抱一(ほういつ)とまじわり俳諧(はいかい)をまなぶ。法眼となった。慶応2年10月9日死去。83歳。本姓上条。名は大機。字(あざな)は真宰。通称は文右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本交山の関連キーワード松本亀岳交山