松本哲男(読み)まつもと てつお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本哲男 まつもと-てつお

1943-2012 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和18年7月29日生まれ。那須高の美術教師を勤めるかたわら制作活動を行い,昭和44年「冬山」で再興日本美術院展(院展)に初入選。54年那須高を退職。59年「大同石仏」で芸術選奨文部大臣新人賞。平成5年東北芸術工科大助教授。同年「地から宙グランド・キャニオン」で院展内閣総理大臣賞。8年東北芸術工科大教授,18年同大学長。世界各地の自然題材に描く。日本美術院同人,理事をつとめた。平成24年11月15日死去。69歳。栃木県出身。宇都宮大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android