コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本治太夫 まつもと じだゆう

1件 の用語解説(松本治太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本治太夫 まつもと-じだゆう

?-? 江戸時代前期-中期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
治太夫節の祖。山本角太夫の門下で,初名は菅野伝弥とつたえられる。元禄(げんろく)-享保(きょうほう)(1688-1736)のころ京都を中心に活躍。おもな語り物は「石川五右衛門」「鎌倉袖日記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松本治太夫の言及

【浄瑠璃】より

…大坂の出羽掾座で文弥節を学んだ山本角太夫(かくたゆう)(山本土佐掾)が,75年(延宝3)ころ京でうれい節を語った(語り物に《しのだづま》ほか)。その門下に松本治太夫がある。京で最も注目すべきは宇治嘉太夫(宇治加賀掾)で,天王寺五郎兵衛(後の義太夫)をワキに抱え,細かい節回し,情趣的余情をもつ新鮮な芸風を示した。…

※「松本治太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松本治太夫の関連キーワード素浄瑠璃時代浄瑠璃世話浄瑠璃かほ一河内掾吉次小島佐平次薩摩外記(3代)薩摩長門竹本播磨少掾(2代)北条宮内

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone