コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本珠報 まつもと しゅほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本珠報 まつもと-しゅほう

?-? 室町時代の武士,茶人。
因幡(いなば)守護山名氏,ついで管領(かんれい)畠山政長(はたけやま-まさなが)の家臣。茶は村田珠光(じゅこう)門下で,のち京都四条東洞院(ひがしのとういん)にすんで茶の湯三昧(ざんまい)の余生をおくった。「松本茶碗(ちゃわん)」や茶入れ「松本茄子(なす)」「松本肩衝(かたつき)」など名物道具を所蔵。別名に周宝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本珠報の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android