コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はたけ

百科事典マイペディアの解説

はたけ

顔面単純性粃糠疹(ひこうしん)とも。顔面にできる灰白色,円形の皮疹で,粃糠様鱗屑(りんせつ)をもつ(白い粉をふいたような状態)。幼小児に多く,自覚症状はない。自然に治癒するが,気になるときは油性軟膏やクリームの塗布など。
→関連項目粃糠疹

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

家庭医学館の解説

はたけ

 はたけというのは、小学生くらいまでの子どもの顔、腕(うで)、脚(あし)にできる、十円玉大の円形の白いカサカサした湿疹(しっしん)のことです。
 ふつう、かゆみなどの自覚症状がないため、冬の間は気づかないことが多いのですが、夏から秋にかけて、周囲の皮膚が日に焼けると目立つようになります。
 はたけは、アトピー体質の子どもに多くみられ、アトピー性皮膚炎(せいひふえん)の診断の目安の1つにもあげられています。
 ところが、その原因については、はっきりしたことがまだわかっていません。以前は、真菌(しんきん)や細菌の感染あるいはビタミン不足でおこるなどの説がありましたが、現在はどちらもほとんど否定されています。したがって、人から人へと感染する心配はありません。
 治療は、よく洗浄した後に、白色ワセリンなどの油脂性軟膏(ゆしせいなんこう)を塗(ぬ)ります。治療というよりスキンケアですが、これがいちばんです。
 はたけが目立つのは夏ですが、実は症状が強くなるのは、皮膚が乾燥する冬季です。したがって、冬季にスキンケアを入念に行なうのがいちばんよいことです。
 なお、はたけが目立つのをふせぐためには、サンスクリーン剤で周囲の皮膚を含めて紫外線から守ることです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はたけ

学童期の子どもの顔面にみられる,比較的境界鮮明な,円形または楕円形の,やや白く見える不完全脱色素斑。医学的には顔面単純性粃糠(ひこう)疹pityriasis simplex facieiという。表面には細かな落屑(らくせつ)をつけ,粉をふいたように見える。自覚症状はない。冬季に多く,女児にくらべて男児にやや多くみられる。軽度のものも含めれば,まれではない。かつては,頭部浅在性白癬(はくせん)(しらくも)との合併が多くみられたために,白癬の一種と考えられ,伝染性のものとされたが,伝染性の皮膚病ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はたけ

顔面単純性粃糠疹」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はたけ
はたけ / 疥

顔面単純性粃糠疹(ひこうしん)の俗称で、小児ことに学童に好発し、ほおに100円硬貨大の境界明瞭(めいりょう)な円い白く粉をふいたような斑(はん)が1個ないし数個できる。かゆみや痛みはない。昔は白癬(はくせん)菌の寄生によっておこると考えられ、顔面浅在性白癬とよばれたこともあったが、これは間違いで、病変部には白癬菌は証明されず、伝染もしない。現在ではアトピー体質と関係が深く、皮脂の分泌低下が原因と考えられている。はたけは放置してもむやみに広がることはなく、思春期ごろには自然に治癒するので治療の必要はないが、あまり目だつ場合には油性のクリームや軟膏(なんこう)で治療する。[野波英一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

はたけ

生年月日:1968年8月17日
昭和時代;平成時代のギタリスト

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

はたけの関連キーワード步・保・匍・哺・圃・捕・歩・浦・舗・葡・蒲・補・輔大阪府大阪市平野区加美正覚寺はたけ(顔面単純性粃糠疹)おもな皮膚病変の俗名と学名シャ乱Qの演歌の花道はたけ(シャ乱Q)埼玉県深谷市畠山玉敷く・珠敷く空を見なよ畑中荷沢上条政繁畠山基家上杉義春畠山義深畠山尚順藤本箕山石井夏海生年月日顔面白癬シャ乱Q

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はたけの関連情報