松林 伯円(2代目)(読み)ショウリン ハクエン

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
講談師

本名
若林 義行

旧名・旧姓
手島 辰弥,若林 駒太郎

別名
前名=伊藤 花郷,東秀斎 調林,松林亭 伯円(2代目),後名=松林 東玉(ショウリン トウギョク)

生年月日
天保5年 6月2日

出生地
常陸国下館(茨城県)

経歴
下館藩郡奉行手島助之進の四男で彦根の若林家の養子となったが、武芸を好まず講談に熱中、15歳の時勘当される。伊東潮花の門下から、東秀斎琴調(2代目宝井馬琴)に弟子入り、調林と名乗った。さらに松林亭伯円の芸養子となり、嘉永7年2代目襲名。のち松林伯円と改める。白浪物(泥棒物)を得意とし、「ねずみ小僧」「天保六花撰」「高橋お伝」など70余種を創作、河竹黙阿弥が劇化したものも多い。明治維新後の6年、政府は伯円を教導職に任じ、同年浅草寺境内で新聞の重要記事を読む新聞講談を始める。18年講談速記本の先駆といわれる。「安政三組盃」を刊行。25年には天皇御前講演を行った。その後は白浪物を読まず、演史家といわれ明治講談界の大御所となった。34年松林右円に3代目を譲り、東玉と改名し隠棲した。

没年月日
明治38年 2月8日 (1905年)

伝記
江戸の文事 延広 真治 編(発行元 ぺりかん社 ’00発行)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android