コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永久通 まつなが ひさみち

2件 の用語解説(松永久通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永久通 まつなが-ひさみち

?-1577 戦国-織豊時代の武将。
松永久秀(ひさひで)にしたがい,将軍足利義輝(よしてる)謀殺にくわわる。織田信長に攻められ,天正(てんしょう)5年10月10日大和(奈良県)信貴山(しぎさん)城で父とともに自害。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松永久通

没年:天正5.10.10(1577.11.19)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。久秀の嫡子。三好長慶の嫡子義興が死去した永禄6(1563)年末,右衛門佐,従五位下に叙位。同8年5月,三人衆の三好長逸と共に将軍足利義輝の弑殺に加担した。しかし実権はほとんど父の久秀に握られており,目立った事績は知られていない。天正5(1577)年秋,久秀が上杉謙信を頼って織田信長に反したとき信貴山城に籠城し,父と共に自焚して果てた。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松永久通の関連キーワード安宅冬康三好三人衆池田勝正十河一存畠山政国細川氏綱三好長逸三好政長三好政康結城左衛門尉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone