コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永久通 まつなが ひさみち

2件 の用語解説(松永久通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永久通 まつなが-ひさみち

?-1577 戦国-織豊時代の武将。
松永久秀(ひさひで)にしたがい,将軍足利義輝(よしてる)謀殺にくわわる。織田信長に攻められ,天正(てんしょう)5年10月10日大和(奈良県)信貴山(しぎさん)城で父とともに自害。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松永久通

没年:天正5.10.10(1577.11.19)
生年:生年不詳
戦国時代の武将。久秀の嫡子。三好長慶の嫡子義興が死去した永禄6(1563)年末,右衛門佐,従五位下に叙位。同8年5月,三人衆の三好長逸と共に将軍足利義輝の弑殺に加担した。しかし実権はほとんど父の久秀に握られており,目立った事績は知られていない。天正5(1577)年秋,久秀が上杉謙信を頼って織田信長に反したとき信貴山城に籠城し,父と共に自焚して果てた。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

松永久通の関連キーワード天荊松永久通鷹巣城七尾城中国征伐上泉信綱七尾城跡ペーテル・パウル・ルーベンスリヒテンシュタイン侯爵家のコレクションハンセン病と隔離政策

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone