コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松永和楓(3代) まつなが わふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松永和楓(3代) まつなが-わふう

1839-1916 江戸後期-大正時代の長唄唄方。
天保(てんぽう)10年生まれ。5代松永忠五郎の娘婿。はじめ清元節をまなび清元叶太夫(かのうだゆう)と称した。長唄に転じ,6代松永鉄五郎,7代松永忠五郎をへて,明治13年3代和楓を襲名美声にくわえて清元の節回しをとりいれ好評をえた。大正5年10月15日死去。78歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松永和楓(3代)

没年:大正5.10.15(1916)
生年:天保10(1839)
明治大正期の長唄唄方。江戸日本橋の商人穂坂金兵衛の長男。もと清元叶太夫。5代目松永忠五郎の女婿となり,6代目松永鉄五郎を経て明治10(1877)年,7代目忠五郎となり,13年には3代目和楓を名乗る(和風名儀は初代松永忠五郎に始まる)。若くして清元節を学び,加えて大音美声,清元の節回しを応用した独特の長唄を唄い一世を風靡したが,負けん気が強いところから9代目市川団十郎と衝突してうとまれ,晩年は不遇であった。41年に鉄翁と改名している。和風(楓)の名跡は昭和期の4代におよぶ。3代目は和楓と記し,美声と独特の節回しで知られた。4代目和風も一時期,和楓と記した。<参考文献>3代目松永和楓談「長唄の話」(『唾玉集』)

(植田隆之助)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松永和楓(3代)の関連キーワード富士田 吉次(2代目)松永 和風(4代目)松永鉄五郎(6代)富士田音蔵(5代)松永和風(4代)富士田音蔵大正時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android