松波(読み)まつなみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松波
まつなみ

石川県北部,能登町北東部にある旧内浦町の中心地区。旧町名。能登守護の畠山氏一族の居城があったが,天正5 (1577) 年七尾城の落城に続いて上杉謙信に滅ぼされ,城址が残る。杜氏として働きに出かける人々が多い。近くに景勝地恋路海岸がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の松波の言及

【内浦[町]】より

…能登半島の先端に位置し,日本海に面する。町域の大半を奥能登丘陵が占め,松波川,九ノ里川尻川沿いと沿岸部に低地が開ける。鎌倉時代は九条家領若山荘のうちにあり,室町時代には畠山氏が松波城を築いて支配した。…

※「松波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android