コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山氏 はたけやまうじ

4件 の用語解説(畠山氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

畠山氏
はたけやまうじ

(1) 桓武平氏村岡良文の後裔。平安時代以来,武蔵国秩父地方に土着し,秩父氏といったが,秩父重綱の子重能が同国男衾 (おぶすま) 郡畠山荘の荘司となって畠山氏を称した。重忠のとき源頼朝に従って活躍し,有力御家人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

畠山氏【はたけやまうじ】

(1)桓武平氏。平安末期に秩父氏の一族が武蔵国畠山荘の荘司となり,畠山氏を称した。重忠は源頼朝に従い有力御家人となったが,北条氏のために滅ぼされた。→畠山重忠(2)清和源氏足利氏の支流。
→関連項目足利義稙高家

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はたけやまうじ【畠山氏】

(1)平安末・鎌倉初期の関東豪族(図)。桓武平氏。秩父重弘の子重能(しげよし)が武蔵国畠山荘(埼玉県大里郡江南町付近)の荘官となって畠山氏をおこし,一時源義朝に属した。重能の子畠山重忠は,源頼朝の挙兵にあたり,平氏に味方したが,まもなく頼朝に帰順し,有力御家人となり,同国菅谷(比企郡嵐山町菅谷)に居館を構えた。しかし1205年(元久2)子重保が平賀朝雅と争ったことから,一族とともに北条時政に誘殺され,家が絶えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畠山氏
はたけやまうじ

(1)平安末~鎌倉初期の豪族。桓武平氏(かんむへいし)。秩父(ちちぶ)氏の一族。秩父重弘(しげひろ)の子重能(しげよし)は武蔵国(むさしのくに)畠山庄(はたけやまのしょう)(埼玉県深谷(ふかや)市川本地区付近)の庄司(しょうじ)となって畠山氏を称し、源義朝(みなもとのよしとも)に、ついで平氏に従った。重能の子重忠(しげただ)は源頼朝(よりとも)に帰服して有力御家人(ごけにん)となり、同国菅谷(すがや)(埼玉県比企(ひき)郡嵐山(らんざん)町)に館(やかた)を構えたが、1205年(元久2)一族とともに北条時政(ほうじょうときまさ)に滅ぼされた。
(2)足利(あしかが)一門の守護大名。嫡流は室町幕府の管領(かんれい)家。清和源氏(せいわげんじ)。足利義兼(よしかね)の子義純(よしずみ)より興る。畠山重忠の妻は北条時政の女(むすめ)で、重忠の死後義純と再婚し、その子泰国(やすくに)は畠山氏の家名を継いだ。一族は数流に分かれ、高国(たかくに)・国氏(くにうじ)父子、国清(くにきよ)・義深(よしふか)兄弟、直顕(なおあき)・直宗(なおむね)らは足利尊氏(たかうじ)・直義(ただよし)に属して活躍した。国氏は吉良貞家(きらさだいえ)とともに奥州管領となったが、観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)(1349~52)にあたり貞家に滅ぼされた。国氏の子国詮(くにあきら)以来安達(あだち)郡二本松(福島県二本松市)に拠(よ)り大名となったが、戦国末期伊達政宗(だてまさむね)に追われて滅亡。直顕は日向(ひゅうが)守護となったが振るわず、直宗は直義の重臣となったが高師直(こうのもろなお)に殺された。一方、国清は直義方から尊氏方に帰参し鎌倉公方(くぼう)足利基氏(もとうじ)の執事(しつじ)となったが没落した。弟義深は許されて越前(えちぜん)守護となり、その子基国(もとくに)は足利義満(よしみつ)に信任され越中(えっちゅう)、能登(のと)、河内(かわち)、紀伊の守護を兼ね、1398年(応永5)管領に登用された。基国の子満家(みついえ)以来、越中・河内・紀伊守護を世襲し管領家として幕府に重きをなしたが、持国(もちくに)の実子義就(よしなり)と甥(おい)で養子の政長(まさなが)は家督を争い、応仁(おうにん)の乱(1467~77)の一因となった。その後も一族・家臣が分争して勢力衰え、高政(たかまさ)に至り織田信長に属したが、その弟で養子の昭高(あきたか)は1574年(天正2)家臣遊佐信教(ゆさのぶのり)に殺された。満家の弟満慶(みつよし)の子孫は能登守護を世襲したが、戦国末、一族・家臣が分争して上杉謙信(うえすぎけんしん)に征服された。嫡流の子孫は江戸幕府の高家(こうけ)となり、能登畠山氏の子孫にも幕臣があった。[小川 信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の畠山氏の言及

【越中国】より

…管領となった義将は弟義種を守護代とし,守護所を守山(現,高岡市守護町)においたとみられる。80年(天授6∥康暦2)ころに越前,越中両守護が畠山基国と斯波義将とで入れかわり,それ以後越中守護は畠山氏にうけつがれた。畠山氏は管領職とともに越中のほか河内,紀伊,能登等の守護職も兼帯したので,越中支配は当初遊佐氏を守護代としてこれに任せたが,後には礪波郡は蓮沼の遊佐氏,射水・婦負郡は放生津の神保氏,新川郡は松倉の椎名氏が,それぞれ分郡支配する体制となった。…

【応仁・文明の乱】より

…たとえば三管領家の一つである畠山家では,1450年(宝徳2)に持国が家督を義就に譲って隠居した。ところが54年(享徳3)にいたり,神保・土肥・椎名などの反義就派被官が蜂起し,持国の甥弥三郎を擁立しようとしたことから,畠山氏の家臣たちは2派に分かれて争うことになった。しかも弥三郎派(その死後は政長)には細川勝元の支持があり,義就派には政所執事伊勢貞親の力が働いていたために,双方ともに継家を許されたり,処罰を受ける状態を繰り返していた。…

【四職】より

三管領に次ぐ有力守護家のうち,侍所頭人(とうにん)を出した4家を指す。室町幕府の侍所は南北朝後期以降,主として山名,土岐,赤松,京極,畠山,一色の6家から交替で就任していたが,1398年(応永5)畠山氏が管領家に昇格した結果,残余の5家から頭人を出した。なお美濃守護土岐氏は1439年(永享11)以後侍所に補任された徴証がなく,また赤松氏も嘉吉の乱(1441)で没落したので,以後は京極,一色,山名の3家となり,実際に4家が恒常的に頭人を出した安定期間というのはなかった。…

【能登国】より

…かわって1471年(文明3)本願寺蓮如の北陸布教以後,真宗本願寺派の教線が急速に浸透し,戦国後期には坊主組織の整備もはかられ,鳳至郡阿岸(あぎし)本誓寺,羽咋郡羽咋本念寺などの大坊主がその中核となっていた。
[能登畠山氏と七尾城]
 南北朝期の守護には地元羽咋郡出身の吉見氏が登用され,守護支配の進展に努めたが,羽咋郡富来院の富来俊行(とぎとしゆき)や鹿島郡能登島の長胤連(ちようたねつら)など,南朝方と結ぶ勢力も存在し,それに抵抗する動きもあった。南北朝末期,室町幕府内部の争いに連座して吉見氏が失脚すると,足利一門の有力者畠山基国が能登守護に就任した。…

【旗指物】より

…平氏が滅び源頼朝が征夷大将軍となって政権をとると,身分の差を明らかにするため,いままで用いてきた源氏の旗は将軍のみのものとし,家人らにはこの共通の旗に,ある種の印を付加することによって区別するようにした。たとえば,佐竹氏には月を描いた扇を旗竿に結びつけさせ,畠山氏には小紋の藍革(あいかわ)をぶらさげさせた。旗の布地は八幡神の宿る聖域であるため,直接図柄をそこへ描き込むことがはばかられ,神の依代の一つとして付加するという意味もあったのであろう。…

【山城国】より

…その後,管領(かんれい)畠山満家が守護に補任されることによって,管領の兼帯する事例が生まれた。こののち,畠山氏が補任されることが多くなるとともに,畠山氏も山城国の在地武士を積極的に被官化する意図を示し,これが応仁・文明の乱(1467‐77)の一原因となった。応仁・文明の乱後も,畠山氏の山城国への影響が大きかったが,1485年(文明17)に山城国一揆が成立すると上(南)山城3郡(相楽,綴喜,久世)では93年(明応2)までの8年間,惣国の組織が自検断を行う国持体制が続いた。…

【遊佐氏】より

…室町幕府の管領(かんれい)家畠山氏の譜代の被官。畠山氏が守護となった河内,紀伊,越中,能登など諸国の守護代。…

※「畠山氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

畠山氏の関連キーワード吉記愚昧記八条院藤原良経雑談板額御正体水底の棺三条実房横田氏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

畠山氏の関連情報