コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦東渓 まつうら とうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦東渓 まつうら-とうけい

1752-1820 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦2年7月19日生まれ。天明6年養父松浦笹右衛門の跡をつぎ長崎奉行組下唐人番となる。経書,詩文に通じ,文化8年長崎史料の集大成といわれる「長崎古今集覧」を編修。文政3年7月29日死去。69歳。本姓は団。名は政之,陶。字(あざな)は君平。通称は恵八,文平。別号に競秀亭。著作に「競秀亭稿抄」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

松浦東渓 (まつうらとうけい)

生年月日:1752年7月19日
江戸時代後期の儒者
1820年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

松浦東渓の関連キーワード生年月日儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android