コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田亮長 まつだ りょうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田亮長 まつだ-りょうちょう

1799-1871 江戸時代後期の根付師。
寛政11年生まれ。飛騨(ひだ)(岐阜県)高山一刀彫の祖。吉田亮朝に彫刻をまなぶ。イチイ(アララギ)の木肌の美しさをいかし,独特な刀法で鳩(はと),鶴(つる),亀(かめ),蛙(かえる)などをつくった。明治4年3月14日死去。73歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松田亮長の言及

【一刀彫】より

…江戸末期に森川杜園(1820‐94)が出て,好んで動物を彫り,名人といわれ,奈良特産の木彫工芸としてさらに広く知られるようになった。飛驒の一刀彫は,江戸末期に松田亮長(1799‐1871)によって大成されたとされ,イチイ材を用いた素木像で,亀,達磨,十二支などを根付,置物などに作った。【副島 弘道】。…

※「松田亮長」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松田亮長の関連キーワード飛騨一位一刀彫(一位一刀彫)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android