一刀彫(読み)いっとうぼり

百科事典マイペディアの解説

一刀彫【いっとうぼり】

日本の木彫の一技法。荒彫で,細部にこだわらず形をまとめるため,一刀で刻んだかのように見える。近世以来奈良に伝わっており,奈良彫ともいわれ,もっぱら人形,玩具(がんぐ)の製作に用いられている。
→関連項目奈良人形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いっとうぼり【一刀彫】

小刀の粗い刀痕を残し,その単純明快な面を生かして完成させる木彫技法,およびその作品をいう。普通はこの技法の特徴をよく示す奈良人形を一刀彫と呼び,飛驒の一位彫(いちいぼり)も〈飛驒の一刀彫〉と呼ぶ。奈良人形は江戸時代初期,岡野平右衛門(松寿)が春日大社の祭礼に用いる人形の彫物をもとに始めたといわれる。題材を多く能,狂言にとり,彩色を施して仕上げた小人形で,荒削りの力強い表現に特色がある。江戸末期に森川杜園(1820‐94)が出て,好んで動物を彫り,名人といわれ,奈良特産の木彫工芸としてさらに広く知られるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっとう‐ぼり イッタウ‥【一刀彫】

〘名〙 木彫り様式の一つ。荒彫りな面をもって仕上げたもの。一刀で刻みあげたように見えるのでいう。鎌倉時代に始まり、奈良の一刀彫り人形、飛騨の一位彫りが有名。
※生々流転(1939)〈岡本かの子〉「ちょっと奈良の一刀彫(いったうボリ)のやうです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一刀彫の関連情報