コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田敦朝 まつだ あつとも

2件 の用語解説(松田敦朝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田敦朝 まつだ-あつとも

松田緑山(まつだ-ろくざん)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松田敦朝
まつだあつとも
(1837―1903)

幕末から明治の銅版画家。京都に生まれる。銅版師初代玄々堂松本保居の長男。儀十郎、のち敦朝と名のる。1849年(嘉永2)ごろ松田姓となり、緑山(ろくざん)、蘭香亭(らんこうてい)、清泉堂(せいせんどう)と号した。父に銅版画を学び、幕末ごろまでは名所図などを手がけた。68年(明治1)二条城で太政官札(だじょうかんさつ)を製造。翌年大蔵省紙幣寮(しへいりょう)御用となって東京に移り、紙幣や切手、証券などを製作する。74年玄々堂彫刻社を設立して銅・石版画の普及に尽くす。また高橋由一(ゆいち)、中丸精十郎(なかまるせいじゅうろう)、亀井至一(しいち)ら数多くの洋画家を庇護(ひご)した功績も大きい。[二階堂充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone