コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中丸精十郎 なかまる せいじゅうろう

3件 の用語解説(中丸精十郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中丸精十郎

洋画家。山梨県生。号は金峰。満田信了について書を学び、京都で日根野対山に南画を学ぶ。のち洋画を志して上京、川上冬崖フォンタネージに師事する。のち陸軍に出仕し、『写景法範』『洋式画手本』などの陸軍文庫の挿絵を多く手がけたほか、軍の将官を描き肖像画家として名をなす。東京神田に画塾を開き、藤島武二大下藤次郎らの門弟を育てる。明治美術会創立に伴い会員となった。明治29年(1896)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中丸精十郎 なかまる-せいじゅうろう

1840-1895 明治時代の洋画家。
天保(てんぽう)11年生まれ。日根対山に文人画を,川上冬崖(とうがい)に洋画をまなぶ。工部美術学校(東京芸大の前身)でフォンタネージに師事した。一時,参謀本部陸地測量部につとめ,作品には軍人の肖像画がおおい。門下に藤島武二らがいる。明治28年11月15日死去。56歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。号は金峰。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中丸精十郎

没年:明治28.11.15(1895)
生年:天保11.1.1(1840.2.3)
明治期の洋画家。甲府生まれ。号金峯。京都で日根対山に南画を学び,明治5(1872)年上京後川上冬崖に洋画を学ぶ。7年陸軍に出仕,このころ玉越与平に解剖学を学んだ。陸軍文庫刊の『写景法範』『洋式画手本』などの挿絵を多く手がけたほか,16年には軍の将官を描き肖像画家として画名を高め,翌年,大山巌,川路利良らの肖像を描く。一方,神田猿楽町に画塾をおこし,藤島武二,大下藤次郎ら門弟を育成した。22年明治美術会創立に参加。作品に「瀑」など。白馬会会員の中丸精十郎は2代目。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中丸精十郎の言及

【明治・大正時代美術】より

…一方,高橋の師川上冬崖や,横山松三郎(1838‐84),国沢新九郎(1847‐77)らも画塾を開いて,洋画研究の道を進めている(画学校)。 日本で最初の正則の西洋画教育を行った工部美術学校からは,フォンタネージの薫陶のもとに浅井忠,五姓田(ごせだ)義松,小山正太郎,松岡寿(ひさし)(1862‐1943),山本芳翠,中丸精十郎(1841‐96),高橋(柳)源吉(1858‐1913)ら明治中期を代表する洋画家が育った。フォンタネージはバルビゾン派の影響を受けた,イタリアでは一流の画家で,工部美術学校でもその画技と人格を敬愛されたが,78年脚気を病んでイタリアに帰る。…

※「中丸精十郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中丸精十郎の関連キーワード黒田重太郎今井憲一織田東禹小山三造都鳥英喜長谷川良雄間部時雄油井夫山渡辺与平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone