コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松谿 しょうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松谿 しょうけい

?-? 室町時代の画僧。
永享(1429-41)のころの人。牧谿(もっけい)の画風をまなび,水墨の観音像をたくみにえがいた。宅磨俊賀(たくま-しゅんが)の子孫ともいわれる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松谿

生年:生没年不詳
室町中期の画家。作風から,御用絵師周文の系統を直接引く,15世紀中・後期の水墨画家と考えられる。「松谿」印とともに「天遊」印を押す作品があり,「松谿天遊」という禅僧かと考えられるが,史料にその名を見出すことはできない。精緻な画風に特色があり,画技の水準の高さは第一級である。代表作は「湖山小景図」(文化庁蔵),「山水図」(パワーズ・コレクション)。<参考文献>『日本美術絵画全集』2巻

(山下裕二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

松谿の関連キーワード住友友善室町時代岳翁蔵丘寒山拾得永享画僧

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松谿の関連情報