コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林慶業 りんけいぎょう(R)Im Kyŏng‐ŏp

世界大百科事典 第2版の解説

りんけいぎょう【林慶業 (R)Im Kyŏng‐ŏp】

1594‐1646
朝鮮李朝武臣。字は英伯,号は孤松,諡(おくりな)は忠愍。李适(りかつ)の反乱(1624)の鎮圧に功績をあげ振武原従勲一等となる。1636年,清の侵攻(丙子の乱)に際し義州府尹として抗戦,38年平安兵使となる。明軍征討を命ぜられると,僧になって逃亡し,反清を貫いた。そして明の副摠官となるが,清に捕らえられ朝鮮に送還された後,殺害された。朝鮮では反清の民族的英雄とされ,李朝末期にハングルによる軍談小説《林慶業伝》が書かれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

林慶業の関連キーワードシェークスピア井上正継メイナール小林義信柳生宗矩オペラ(舞台芸術)石川五右衛門安土桃山時代(年表)谷木因金木さなぶり荒馬踊

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android