コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李适 りかつ (R)I Kwal

1件 の用語解説(李适の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りかつ【李适 (R)I Kwal】

1587‐1624
朝鮮,李朝の武臣。字は白圭。1623年,西人派が武力で光海君を倒し,仁祖を擁立した際,平安道兵使兼副元帥であった李适は政変で大きな役割を果たした。しかし,その論功に不満をもち,翌24年,反乱を起こして首都漢城(現,ソウル)を占領,宣祖の第10子を国王に擁立した。1ヵ月後,李适は敗れて殺されるが,反乱軍の一部は後金に逃れて仁祖即位の不当を訴え,後金(のちの清)の朝鮮侵攻(丁卯(ていぼう)胡乱1627)の口実をつくることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李适の関連キーワード李霆李滉高麗茶碗鄭麟趾李朝李朝実録倭館朝鮮通信使武臣史庫

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone