コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李适 りかつ(R)I Kwal

世界大百科事典 第2版の解説

りかつ【李适 (R)I Kwal】

1587‐1624
朝鮮,李朝の武臣。字は白圭。1623年,西人派が武力で光海君を倒し,仁祖を擁立した際,平安道兵使兼副元帥であった李适は政変で大きな役割を果たした。しかし,その論功に不満をもち,翌24年,反乱を起こして首都漢城(現,ソウル)を占領,宣祖の第10子を国王に擁立した。1ヵ月後,李适は敗れて殺されるが,反乱軍の一部は後金に逃れて仁祖即位の不当を訴え,後金(のちの清)の朝鮮侵攻(丁卯(ていぼう)胡乱1627)の口実をつくることになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

李适の関連キーワード徳宗[唐]林慶業徳宗代宗

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android