コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林有章 はやし ありあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林有章 はやし-ありあきら

1859-1945 明治-昭和時代前期の政治家,俳人。
安政6年3月1日生まれ。林頼三郎の養父。明治10年から私立中学折遆(せってい)学社でまなぶ。第1回郡長採用試験に合格し,埼玉県北・中葛飾,北埼玉の郡長などを歴任。俳人としても知られた。昭和20年2月12日死去。87歳。武蔵(むさし)熊谷(埼玉県)出身。字(あざな)は子慶。俳号は幽嶂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林有章の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)ビラフランカの和議余計者光の科学史内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android