コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林頼三郎 はやし らいざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林頼三郎 はやし-らいざぶろう

1878-1958 明治-昭和時代の司法官,教育者。
明治11年9月6日生まれ。司法省刑事局長,司法次官のとき治安維持法などの立案・制定に関与した。検事総長,大審院長をへて昭和11年広田内閣の法相となる。のち貴族院議員,枢密顧問官。14年中央大学長,27年再任。昭和33年5月7日死去。79歳。埼玉県出身。東京法学院(現中央大)卒。旧姓三輪

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林頼三郎の関連キーワード昭和時代林有章教育者司法官明治

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android