コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林鳳谷 はやし ほうこく

2件 の用語解説(林鳳谷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

林鳳谷

儒学者・幕臣。名は信言のち信武、字は子恭、通称内記・泰助、号は鳳谷・松風亭。榴岡の子。江戸の人。父に儒学を師事する。程朱学派。五代目大学頭を務めた。著書に『東武列朝系譜』『聖堂御成記集録』等がある。安永2年(1773)歿、53才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林鳳谷 はやし-ほうこく

1721-1774* 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)6年生まれ。林榴岡(りゅうこう)の子。林鳳池(ほうち)の兄。将軍徳川吉宗につかえる。延享4年(1747)朝鮮通信使応接御用をつとめ従五位下,図書頭(ずしょのかみ)となる。のち家督をついで大学頭となった。安永2年12月11日死去。53歳。名は信武,のち信言。著作に「本朝事物権輿考(けんよこう)」「東武列朝婦女系譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

林鳳谷の関連キーワード赤尾秀実入江太華入江正雄植木筑峯金谷静台服部芝山原雲沢星野東里渡辺子観姥柳有莘

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone