コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林榴岡 はやし りゅうこう

1件 の用語解説(林榴岡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林榴岡 はやし-りゅうこう

1681-1758 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)元年生まれ。林鳳岡(ほうこう)の子。享保(きょうほう)8年大学頭(だいがくのかみ)となり,翌年林家4代をつぐ。寛保(かんぽう)3年徳川家治(いえはる)の侍講となった。宝暦8年11月11日死去。78歳。名は怤,信充。字(あざな)は士厚。通称は七三郎。別号に復軒,快堂。著作に「詩法蠡測(れいそく)」「本朝世説」,編著に「御撰大坂軍記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

林榴岡の関連キーワード入江正雄植村棋園金谷静台杏三折竹内長水滕元鳳二階堂慎叟丹羽雲気原雲沢増子淑時

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone