コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林榴岡 はやし りゅうこう

1件 の用語解説(林榴岡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林榴岡 はやし-りゅうこう

1681-1758 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)元年生まれ。林鳳岡(ほうこう)の子。享保(きょうほう)8年大学頭(だいがくのかみ)となり,翌年林家4代をつぐ。寛保(かんぽう)3年徳川家治(いえはる)の侍講となった。宝暦8年11月11日死去。78歳。名は怤,信充。字(あざな)は士厚。通称は七三郎。別号に復軒,快堂。著作に「詩法蠡測(れいそく)」「本朝世説」,編著に「御撰大坂軍記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林榴岡の関連キーワード天和蔵王山秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人稲村三伯ウェブスター経済表

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone