コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林榴岡 はやし りゅうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林榴岡 はやし-りゅうこう

1681-1758 江戸時代中期の儒者。
天和(てんな)元年生まれ。林鳳岡(ほうこう)の子。享保(きょうほう)8年大学頭(だいがくのかみ)となり,翌年林家4代をつぐ。寛保(かんぽう)3年徳川家治(いえはる)の侍講となった。宝暦8年11月11日死去。78歳。名は怤,信充。字(あざな)は士厚。通称は七三郎別号に復軒,快堂。著作に「詩法蠡測(れいそく)」「本朝世説」,編著に「御撰大坂軍記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林榴岡の関連キーワード久野鳳湫今井崑山多湖松江渋井太室後藤芝山林鳳池林鳳谷天和儒者

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android