コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果菜類 かさいるい

大辞林 第三版の解説

かさいるい【果菜類】

果実を食用とする野菜。ナス・キュウリ・トマトなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

果菜類
かさいるい

果実をおもに利用する野菜の総称。分類学的にみると、ナス科、ウリ科、マメ科などの野菜が多い。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の果菜類の言及

【野菜】より

…そして,明治に入って結球ハクサイやタマネギ,トマト,キャベツなどが導入されて普及し,さらに各種の西洋野菜はもとより,近年では中国野菜も色々と紹介されて,現在の食生活を支えるものとなった。山菜【鈴木 晋一】
[分類]
 農学における分類では,野菜は園芸作物の中に含まれ,さらに利用する部分によって,葉菜類(キャベツ,ホウレンソウ,レタス,セロリなど),根菜類(ダイコン,カブ,ニンジン,ゴボウなど),果菜類(キュウリ,カボチャ,トマト,ナスなど)に分けられる。アスパラガスやウドのように茎を利用するもの(茎菜類)やカリフラワーのように花茎や花序を利用するもの(花菜類)もあるが,これらは葉菜類に含めることが多い。…

※「果菜類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

果菜類の関連キーワードチチュウカイミバエ赤井川[村]育苗センターリレー農業刈羽(村)菊池(市)中国野菜抑制栽培焼畑農耕熱帯作物農耕文化家庭菜園幸田町野菜類蔬菜類八百屋果菜菊池収穫作物

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

果菜類の関連情報