コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

果部骨折 かぶこっせつ Fracture of Ankle

1件 の用語解説(果部骨折の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かぶこっせつ【果部骨折 Fracture of Ankle】

[どんな病気か]
 足首、くるぶしの部分の骨折です。足関節のねんざと同様の外力でおこる内転骨折(ないてんこっせつ)と、足関節が外側に曲げられておこる外転骨折(がいてんこっせつ)、外向きにねじられておこる外旋骨折(がいせんこっせつ)とがあります。これは腓骨(ひこつ)下端の外果(がいか)、または脛骨(けいこつ)下端の内果(ないか)が単独に、あるいは両方ともに骨折するものです(「治療」は「◎骨折の症状」参照)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

果部骨折の関連キーワードアンクルアンクルブーツアンクレット鍬平どんどん節何心地不死身足首