枸杞飯(読み)クコメシ

大辞林 第三版の解説

くこめし【枸杞飯】

クコの若葉を入れて炊いた飯。 [季] 春。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くこ‐めし【枸杞飯】

〘名〙 枸杞の若芽を摘み取り、炊き混ぜた飯。《・春》
※俳諧・滑稽雑談(1713)三月「中古の僧慈眼大師、平生枸杞飯を嗜(たしなみ)て延年なりし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の枸杞飯の言及

【クコ(枸杞)】より

…果実はまた酒につけて枸杞酒として使われ,不老長寿,強精の効があるという。若葉は香りがよく,ひたしものとしたり,飯にまぜて枸杞飯とする。 クコ属Lyciumは約100種を含み,南半球に多い。…

※「枸杞飯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android