コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色子 イロコ

大辞林 第三版の解説

いろこ【色子】

歌舞伎役者で男色を売る者。かげま。 「酒の相手に-どもかはいや/浮世草子・胸算用 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の色子の言及

【陰間】より

…こうして〈陰の間〉の役者,つまり舞台に出ぬ役者の意の陰間は,そのまま男娼の通称となった。陰間に対して,舞台に出演するもので売色するものは舞台子,色子,旅かせぎをするものは飛子(とびこ)ともいった。また,関西では後年まで若衆と呼んだ。…

※「色子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

色子の関連キーワードスミレウロコタケ(菫鱗茸)中村喜代三郎(初代)榊山四郎太郎(4代)沢村田之助(2代)松本幸四郎(4世)沢村宗十郎(2代)芳沢あやめ(初代)芳沢あやめ(1世)富士田吉次(初代)中村富十郎(初代)松本幸四郎(4代)沢村国太郎(初代)芳沢いろは(初代)芳沢あやめ(5代)袖崎三輪野(初代)袖崎伊勢野(3代)染松七三郎(初代)袖崎伊勢野(初代)佐野川花妻(3代)瀬川菊之丞

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色子の関連情報