染太夫一代記(読み)そめたゆういちだいき

世界大百科事典 第2版の解説

そめたゆういちだいき【染太夫一代記】

義太夫の6世竹本染太夫(1797‐1869)の自伝。原題は彼の屋号・本名に基づく《金屋新兵衛一代記》。29巻。染太夫は1865‐69年(慶応1‐明治2),文楽芝居の紋下を勤めた幕末期名人のひとりで,生い立ちから実太夫・4世梶太夫時代の事跡を読物風に面白くまとめたもの。文体も浄瑠璃風で,自筆の彩色挿絵入り。修業の話,師匠越前大掾や同時代の浄瑠璃人,因講,旅興行,江戸の浄瑠璃界,社会風俗など,生き生きとした筆致で述べられ,浄瑠璃史研究上,欠かせぬ史料となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android