コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染太夫一代記 そめたゆういちだいき

1件 の用語解説(染太夫一代記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そめたゆういちだいき【染太夫一代記】

義太夫の6世竹本染太夫(1797‐1869)の自伝。原題は彼の屋号・本名に基づく《金屋新兵衛一代記》。29巻。染太夫は1865‐69年(慶応1‐明治2),文楽芝居の紋下を勤めた幕末期名人のひとりで,生い立ちから実太夫・4世梶太夫時代の事跡を読物風に面白くまとめたもの。文体も浄瑠璃風で,自筆の彩色挿絵入り。修業の話,師匠越前大掾や同時代の浄瑠璃人,因講,旅興行,江戸の浄瑠璃界,社会風俗など,生き生きとした筆致で述べられ,浄瑠璃史研究上,欠かせぬ史料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

染太夫一代記の関連キーワード竹本越前大掾竹本染太夫(2代)竹本染太夫(3代)竹本染太夫(4代)竹本染太夫(5代)竹本染太夫(6代)竹本染太夫(7代)竹本染太夫(8代)竹本染太夫(9代)竹本内匠太夫(7代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone