コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

染太夫一代記 そめたゆういちだいき

1件 の用語解説(染太夫一代記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そめたゆういちだいき【染太夫一代記】

義太夫の6世竹本染太夫(1797‐1869)の自伝。原題は彼の屋号・本名に基づく《金屋新兵衛一代記》。29巻。染太夫は1865‐69年(慶応1‐明治2),文楽芝居の紋下を勤めた幕末期名人のひとりで,生い立ちから実太夫・4世梶太夫時代の事跡を読物風に面白くまとめたもの。文体も浄瑠璃風で,自筆の彩色挿絵入り。修業の話,師匠越前大掾や同時代の浄瑠璃人,因講,旅興行,江戸の浄瑠璃界,社会風俗など,生き生きとした筆致で述べられ,浄瑠璃史研究上,欠かせぬ史料となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

染太夫一代記の関連キーワード蔀関月ピンクリボン運動公営住宅全国自治体議会アンケート助五郎と幽学Jアダムズ袁枚王鳴盛諺苑源琦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone