コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石割松太郎 いしわりまつたろう

3件 の用語解説(石割松太郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石割松太郎
いしわりまつたろう

[生]1881.1.24. 堺
[没]1936.6.29. 東京
演劇研究家。 1905年早稲田大学文学部卒業。国書刊行会や日本新聞,都新聞,帝国新聞,大阪新報各社を経て,17年大阪毎日新聞社に入り,劇評を担当。また『サンデー毎日』発刊に尽力して,29年同社を退社。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石割松太郎 いしわり-まつたろう

1881-1936 大正-昭和時代前期の文楽研究家,演劇評論家。
明治14年1月24日生まれ。大阪毎日新聞社で劇評を担当し,「サンデー毎日」の創刊に参画。昭和7年母校早大の講師となり,浄瑠璃(じょうるり),江戸文芸をおしえる。人形浄瑠璃を舞台芸術の観点から研究した。昭和11年6月29日死去。56歳。大阪出身。著作に「近世演劇雑考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石割松太郎
いしわりまつたろう
(1881―1936)

浄瑠璃(じょうるり)研究家、劇評家。大阪府堺(さかい)市に生まれる。早稲田(わせだ)大学文学部卒業。1917年(大正6)大阪毎日新聞社に入社。劇評を担当し、辛辣(しんらつ)な批評で知られた。『サンデー毎日』創刊に参画、大衆文芸の育成にあたる。27年(昭和2)退社、以後演劇、浄瑠璃、江戸文芸の研究に没頭し、個人雑誌『演芸月刊』を刊行した。著書に、『人形芝居雑話』(1930)、『人形芝居の研究』(1933)『近世演劇雑考』(1934)などがある。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石割松太郎の関連キーワード井伊直方大久保光野小野重行河上哲太桑山鉄男小泉辰之助小室要沼田藤次原口徠松村瞭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone