コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柘植叔順 つげ しゅくじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柘植叔順 つげ-しゅくじゅん

1770-1820 江戸時代中期-後期の医師。
明和7年生まれ。柘植葛城(かつらぎ)の父。河内(かわち)(大阪府)の人。浅井図南(となん)にまなぶ。大和(奈良県)高取藩につかえ,大坂で開業。享和2年刊行の「蔓難録(まんなんろく)」は,わが国はじめての回虫病の専門書。文政3年2月2日死去。51歳。名は彰常。号は竜洲。著作はほかに「温泉論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柘植叔順の関連キーワード柘植竜洲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android