コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井図南 あさい となん

3件 の用語解説(浅井図南の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浅井図南

江戸中期の画家・本草学者。名古屋藩の儒医。京都生。浅井東軒の子。名は初め政直のち惟寅、字は凪ぐ夙夜、通称は頼母、別号に幹亭・篤敬斎。画を望月玉蟾に学び、特に墨竹に秀で、平安四竹の一人に数えられている。天明2年(1782)歿、77才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井図南 あさい-となん

1706-1782 江戸時代中期の医師,本草家。
宝永3年11月13日生まれ。本草学を松岡恕庵(じょあん)にまなぶ。のち父東軒の跡をついで尾張(おわり)名古屋藩医となり,本草研究の嘗百(しょうひゃく)社をつくる。画にすぐれ,とくに墨竹では山科李蹊(りけい)らとともに平安四竹といわれた。天明2年8月5日死去。77歳。京都出身。名は政直,惟寅(これとら)。通称は頼母。別号に幹亭,篤敬斎。著作に「篤敬斎文稿」「扁倉伝割解」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

浅井図南

没年:天明2.8.5(1782.9.11)
生年:宝永3.11.13(1706.12.17)
江戸中期の医者,本草家。名は政直のち惟寅,幼名は冬至郎,字は夙夜,周北,頼母と称す。号は図南,幹亭,篤敬斎。京都に生まれる。母は三谷氏。11歳から松岡恕庵に儒学,本草学を学ぶ。21歳のとき父浅井東幹が尾張藩医となって東行するがこれに従わず京都に開塾。宝暦3(1753)年父没後に尾張藩医となり名古屋に移る。恕庵から学んだ本草学を尾張に導入して尾張学派の淵源のひとりとなった。簡約敦実を好み人に接するに城府を設けず,家塾の門人は1200人に達し,塾はのち尾張藩医学館となり,孫貞庵,曾孫柴山が館主となった。『扁倉伝割解』を著し,恕庵の著書『怡顔斎蘭品』の序文を書く。<参考文献>浅井国幹『浅井氏家譜大成』

(遠藤正治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅井図南の関連キーワード小野古風不住齋児玉良悦手医者本草家太田澄元大平道悦桐山正哲田村元長度会常民

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone