コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳井‐丸山波 Yanai-Maruyama wave

法則の辞典の解説

柳井‐丸山波【Yanai-Maruyama wave】

赤道下部の成層圏に存在する超長波で,1966年に柳井迪夫と丸山健人の二人によって発見された.波長1万kmほどで,赤道を取り巻く波数は4~5,周期は4から5日.1日当たり経度20° ほどの速度で西進する.この波の実体は混合ロスビー重力波であると見なされ,以前に松野太郎によって存在が理論的に予言されていたものである.準2年周期振動の原因の一つとされている.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

柳井‐丸山波の関連キーワード熱帯擾乱

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android