コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳井‐丸山波 Yanai-Maruyama wave

1件 の用語解説(柳井‐丸山波の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

柳井‐丸山波【Yanai-Maruyama wave】

赤道下部の成層圏に存在する超長波で,1966年に柳井迪夫と丸山健人の二人によって発見された.波長1万kmほどで,赤道を取り巻く波数は4~5,周期は4から5日.1日当たり経度20° ほどの速度で西進する.この波の実体は混合ロスビー重力波であると見なされ,以前に松野太郎によって存在が理論的に予言されていたものである.準2年周期振動の原因の一つとされている.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone