コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳井‐丸山波 Yanai-Maruyama wave

1件 の用語解説(柳井‐丸山波の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

柳井‐丸山波【Yanai-Maruyama wave】

赤道下部の成層圏に存在する超長波で,1966年に柳井迪夫と丸山健人の二人によって発見された.波長1万kmほどで,赤道を取り巻く波数は4~5,周期は4から5日.1日当たり経度20° ほどの速度で西進する.この波の実体は混合ロスビー重力波であると見なされ,以前に松野太郎によって存在が理論的に予言されていたものである.準2年周期振動の原因の一つとされている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳井‐丸山波の関連キーワード圏界面ジェット気流大気圏超長波ストラトビジョンストラトポーズ沈殿物ウォレス‐カウスキー波クラカトア東風ベルゾンの西風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone