コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳川城 やながわじょう

1件 の用語解説(柳川城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

やながわじょう【柳川城】

福岡県柳川市本城町にあった城で、江戸時代には柳川藩の藩庁が置かれた。本丸は国の史跡に指定されている。城は、蒲池(かまち)治久により築城されたもので、並郭式に本丸と下段の二の丸を並べ、三の丸の代わりに中堀を廻らす広大な内郭と市街地を総構えとする平城(ひらじろ)であった。掘割に包まれた天然の要害をなし、城内、市街には無数の堀が縦横に交わり、今も柳川の堀川として現存する。蒲池氏の城主時代に「柳川三年肥後三月、肥前、筑前朝飯前」と大友氏陣中で歌われた戯(ざれ)歌にもあるように、攻略には3年かかるという難攻不落の城と謳(うた)われた。西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅からバスまたはタクシーで10分。◇舞鶴城(まいづるじょう)とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柳川城の関連キーワード柳川市富田城柳川町屋敷本城太華柳川直春柳川直故柳川政次菊竹千萬喜

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柳川城の関連情報