柳川(読み)ヤナガワ

デジタル大辞泉の解説

やな‐がわ〔‐がは〕【柳川】

柳川鍋」の

やながわ【柳川】[地名]

福岡県南西部の市。有明海に面し、筑後川矢部川の間の低地にあり、水路網が発達。もと立花氏城下町。造り酒屋であった北原白秋生家がある。もと「柳河」と書いた。人口7.1万(2010)。

やながわ【柳川】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「柳川」姓の人物
柳川検校(やながわけんぎょう)
柳川春葉(やながわしゅんよう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やながわ【柳川】

「柳川鍋」の略。

やながわ【柳川】

福岡県南西部、有明海に臨む市。筑後川と矢部川にはさまれた低平地で、水郷の町として知られる。永禄の頃蒲池氏が築城し、近世は立花氏の城下町。北原白秋の生地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やながわ やながは【柳川】

〘名〙
報知新聞‐明治三六年(1903)七月二一日「後年両国の鰻屋柳川といふのが初めて骨抜鰌を売出したので、今でも柳川と名に残ってゐる」
[2] 福岡県南西部の地名。筑後川の河口左岸にあり、有明海に面する。江戸時代、立花氏一一万石の城下町として発達。干拓地が広く、クリーク縦横に走る水郷都市。ノリ養殖イグサの栽培・加工などを行なう。北原白秋の生地。昭和二七年(一九五二)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳川の関連情報