柳沢保恵(読み)やなぎさわ やすとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳沢保恵 やなぎさわ-やすとし

1871*-1936 明治-昭和時代前期の統計学者。
明治3年12月16日生まれ。柳沢光昭(みつてる)の次男。宮内省留学生としてベルリン大などにまなぶ。帰国後統計調査にしたがい,大正2年柳沢統計研究所を創設。東京市会議長,第一生命保険社長などをつとめた。昭和11年5月25日死去。67歳。越後(えちご)(新潟県)出身。学習院卒。初名は光敏。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android