コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳沢保申 やなぎさわ やすのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳沢保申 やなぎさわ-やすのぶ

1846-1893 幕末-明治時代の大名,華族。
弘化(こうか)3年3月26日生まれ。柳沢保興(やすおき)の子。嘉永(かえい)元年3歳で大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主柳沢家6代となる。和宮が江戸にむかったときの警固,天誅(てんちゅう)組の追討などにあたる。維新後は久能山東照宮などの宮司(ぐうじ)をつとめ,第六十八国立銀行を創立した。伯爵。明治26年10月9日死去。48歳。通称は時之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柳沢保申の関連キーワード柳沢 保恵

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳沢保申の関連情報