柳瀬勝善(読み)やなせ まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳瀬勝善 やなせ-まさよし

1835-1913 明治時代の教育者。
天保(てんぽう)6年7月12日生まれ。水戸弘道館の助教となり,自宅で塾をひらく。明治8年茨城県学務係につとめ,学務課長志賀隆庸のもとで近代教育制度の定着につくした。のち茨城師範教諭。大正2年1月30日死去。79歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。旧名は彦之助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android