柴唐戸(読み)シバカラド

デジタル大辞泉の解説

しば‐からど【×柴唐戸】

庭の入り口に設ける両開きの戸。框(かまち)を煤竹(すすだけ)で作り、上部の3分の1は割り竹をひし形に組んで藤づるで結び、下部は萩を縦に並べて煤竹の押し縁を当てたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばからど【柴唐戸】

庭の出入り口などに設ける小さな両開きの戸。焦がした木や竹で枠を作り、上部3分の1を割り竹の菱ひし組みとし、下部は萩を立て並べて煤竹すすだけの押し縁を当てたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android