コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴唐戸 シバカラド

デジタル大辞泉の解説

しば‐からど【×柴唐戸】

庭の入り口に設ける両開きの戸。框(かまち)を煤竹(すすだけ)で作り、上部の3分の1は割り竹をひし形に組んで藤づるで結び、下部は萩を縦に並べて煤竹の押し縁を当てたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しばからど【柴唐戸】

庭の出入り口などに設ける小さな両開きの戸。焦がした木や竹で枠を作り、上部3分の1を割り竹の菱ひし組みとし、下部は萩を立て並べて煤竹すすだけの押し縁を当てたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柴唐戸の関連キーワード出入り口

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android