柴田 やす(読み)シバタ ヤス

20世紀日本人名事典の解説

柴田 やす
シバタ ヤス

大正・昭和期の教育者 柴田学園理事長。



生年
明治14(1881)年1月1日

没年
昭和25(1950)年5月14日

出生地
青森県青森市

旧姓(旧名)
今村

学歴〔年〕
東京府家事科教員伝習所卒

経歴
19歳で呉服商を営む柴田勇吉と結婚し二児を儲けるが、25歳の時に上京して東京府家事科教員伝習所に学び、教員検定試験に及第して卒業。のち帰郷し、子育てと夫の看病の傍らで青森市公立女子実業補習学校などで裁縫や家事を教えた。大正3年弘前に移住して裁縫と手芸の私塾を開設、好評を得て次第に生徒を増やし、7年には女子裁縫実践学会を設立した。9年に塾を柴田和洋裁縫学校に改組、さらにこれらを基礎として12年弘前和洋裁縫女学校を開校し、昭和3年には文部省より甲種職業学校の認可を取得。その一方で各地の農村に赴いて裁縫を教授し、戦時中には作業しやすい柴田式改良もんぺを開発、全国的に流行した。終戦後の21年財団法人柴田学園を設立して理事長に就任し、東北女子専門学校を創立。ついで23年柴田女子高等学校、24年に東北栄養専門学校を開き、25年には東北女子短期大学開設の認可を受けるが、同年5月その開学式の席上で急死した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android