コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田康長 しばた やすなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田康長 しばた-やすなが

1586-1635 江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)14年生まれ。柴田康忠の長男。代々徳川家の臣。秀忠につかえ,慶長5年本多正信にしたがい真田昌幸上田城を攻める。不祥事で改易されるが,大坂冬・夏の陣に伊達政宗に属して出陣し,ゆるされる。のち家光につかえ,小姓組番頭(ばんがしら)から書院番頭にすすんだ。寛永12年6月22日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柴田康長の関連キーワード安土桃山時代(年表)リシュリュー(Armand Jean du Plessis de Richelieu)後陽成天皇後陽成天皇豊臣秀吉フォンタナ(Domenico Fontana)水原茂神屋宗湛土御門泰重宮部長煕

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android