コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田畦作 しばた けいさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田畦作 しばた-けいさく

1873-1925 明治-大正時代の建築学者。
明治6年7月生まれ。三高,五高教授をへて,東京帝大教授となり,土木工学研究のためドイツ,フランス,アメリカに留学。わが国ではじめて鉄筋建築を研究し,福島県原町の無線電信塔,明治神宮神橋などを設計した。大正14年1月5日死去。53歳。岡山県出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田畦作の関連キーワード鉄筋コンクリート構造大正時代七条大橋