神橋(読み)シンキョウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐きょう〔‐ケウ〕【神橋】

神殿や神社の境内などに架けてある橋。
栃木県日光市の大谷(だいや)川にかかる朱塗りの木橋。もと勅使や将軍の専用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんきょう【神橋】

神社の境内や神殿などにかけた橋。
栃木県日光市、大谷だいや川にかかる朱塗りの橋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神橋
しんきょう

栃木県日光市、大谷(だいや)川に架かる朱塗りの橋。長さ28メートル、幅6メートル。日光開山の祖、勝道上人(しょうどうしょうにん)が大谷川の急流を渡れないでいたとき、対岸に現れた深沙(じんじゃ)大王の手にした2匹のヘビが橋をつくり、山菅(やますげ)がその上に生えて渡河するを得たという。のち、ここに架けた橋は山菅橋あるいは山菅の蛇橋(じゃばし)などとよばれ、現在は神橋とよばれる。寛永(かんえい)年間(1624~1644)の修復の際、現在の形に改造された。1902年(明治35)に流失したが、2年後保晃(ほこう)会が架橋した。二荒山(ふたらさん)神社の所有。国指定重要文化財。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神橋の関連情報