コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神橋 シンキョウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐きょう〔‐ケウ〕【神橋】

神殿や神社の境内などに架けてある橋。
栃木県日光市の大谷(だいや)川にかかる朱塗りの木橋。もと勅使や将軍の専用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんきょう【神橋】

神社の境内や神殿などにかけた橋。
栃木県日光市、大谷だいや川にかかる朱塗りの橋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神橋
しんきょう

栃木県日光市、大谷(だいや)川に架かる朱塗りの橋。長さ28メートル、幅6メートル。日光開山の祖、勝道上人(しょうどうしょうにん)が大谷川の急流を渡れないでいたとき、対岸に現れた深沙(じんじゃ)大王の手にした2匹のヘビが橋をつくり、山菅(やますげ)がその上に生えて渡河するを得たという。のち、ここに架けた橋は山菅橋あるいは山菅の蛇橋(じゃばし)などとよばれ、現在は神橋とよばれる。寛永(かんえい)年間(1624~1644)の修復の際、現在の形に改造された。1902年(明治35)に流失したが、2年後保晃(ほこう)会が架橋した。二荒山(ふたらさん)神社の所有。国指定重要文化財。[平山光衛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神橋の関連キーワード住まいのミュージアム・大阪くらしの今昔館鹿児島県薩摩川内市上甑町中甑二荒山神社(栃木県日光市)大阪府大阪市北区天神橋フジオフードシステム三ツワフロンテック栃木県日光市山内会津田島祇園祭京橋(大阪市)天神橋筋商店街東照宮千人行列栃木県日光市エスペック橋(はし)天満青物市東海リース村尾 重雄天満天神祭大阪天満宮粟屋 仙吉

神橋の関連情報