コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿の蔕 カキノヘタ

デジタル大辞泉の解説

かき‐の‐へた【柿の×蔕】

朝鮮茶碗の一。鉄分の多い砂まじりの土で作り、青みがかったガラス様の釉(うわぐすり)をかけたもの。伏せた形や色が柿のへたに似るところから、千利休の命名といわれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

柿の蔕の関連キーワード柿の蔕・柿の蒂柿の蔕虫蛾高麗茶碗朝鮮茶碗

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android