栃倉遺跡(読み)とちくらいせき

世界大百科事典内の栃倉遺跡の言及

【土偶】より

… 縄文時代の土偶の特徴は,発見例は少ないが,特殊な遺構に伴うもののあること,完全な形で出土することはほとんどなく,破損することが目的で製作されたとも考えられること,また女性,とくに妊娠している姿を写実的に表現したもののあること,などであるが,これらを併せ考えると,土偶の意義や目的は単一ではなかったようである。特殊な遺構で発見された土偶は,土壇や台石の上に置かれていたとみなせるもの(新潟県栃倉遺跡),土器片や石で囲ったなかに置かれていたもの(千葉県加曾利貝塚,岩手県雨滝遺跡,山梨県中谷遺跡など),石囲いに蓋石をのせる例(山形県杉沢遺跡,群馬県郷原遺跡)などがある。これらはなんらかの儀式や葬制に関連する役割を考えられるし,破損されるのはけがや災害の身代りに託しての祈りに関係するであろう。…

※「栃倉遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android