コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗きんとん

デジタル大辞泉プラスの解説

栗きんとん

岐阜県東濃地方の名物として知られる銘菓に砂糖を加えて炊き上げ、茶巾絞りで栗の形にしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

栗きんとん

栗の栽培が盛んな中津川市や恵那市を中心に、県内には栗きんとんの製造販売業者が多数ある。八百津町内に5軒があり、このうち和菓子店「緑屋老舗」は1872(明治5)年に初代白木甚四郎氏が創業した。5代目の功一さんによると、3代目の鍵次郎氏が大正時代に栗きんとんを商品化したという。

(2015-11-30 朝日新聞 朝刊 岐阜全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗きんとん
くりきんとん

岐阜県東濃地方の郷土菓子。中津川市の川上屋と、すやの栗きんとんがとくに名高く、幕末以来の銘菓である。シバグリは、果肉を新鮮に保つため、3℃の低温で貯蔵しておく。毎日必要量を取り出してゆで、竹べらで実をほじくり出して裏漉(うらご)しにかける。これに和三盆を加えて炊き、さらに裏漉しする。これを寄せて形を整えれば、いわゆるきんとんであるが、東濃地方では裏漉しのあと茶巾(ちゃきん)絞りにして形をつくる。9月末から年末までの季節菓子であり、茶うけとしては最高級の菓子の一つとされる。長野県小布施(おぶせ)町岩崎の「おくりさん」も同様の菓子。[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栗きんとんの関連キーワード柿の美きんとん八百津(町)さゝめさゝ栗栗かの子ささ栗栗少庵史生金団栗苞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

栗きんとんの関連情報