コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶巾 チャキン

3件 の用語解説(茶巾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐きん【茶巾】

茶道で、茶碗をふく麻の布。点前(てまえ)のときは茶碗の中に仕組む。
茶巾絞り」「茶巾鮨」などの略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

献辞辞典の解説

茶巾

茶の湯で茶碗をふく布巾のことで、僅かですが茶巾でも購入される 足しにでもして下さいという意味合いがあり、お茶会に招待頂いた招待先の亭主などに対して 贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に用いられます。お茶会に掛かる費用の一部を負担しあうと の相互扶助の意味合いも込められています。

出典|(株)ササガワ
献辞辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃきん【茶巾】

茶の湯で、茶碗をふく布。奈良晒ならざらしなど麻布を多く用い、両端の切り口を裏表反対にかがってある。茶布巾。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶巾の関連情報