茶巾(読み)ちゃきん

精選版 日本国語大辞典「茶巾」の解説

ちゃ‐きん【茶巾】

〘名〙
茶器をぬぐう布。〔韓翃‐尋胡処士不遇詩〕
茶の湯で、茶碗をぬぐう麻布。かつては朝鮮照布(てりふ)最上とし、次に近江上布を用いたが、今は主に奈良晒布を用いる。
※異制庭訓往来(14C中)「木綿細襦巾。紫竹茶筅」
※万宝料理秘密箱(1785)一「右鳥合は其時々のもの見合、茶(チャ)きんにして宜し」
※洒落本・浪花花街今今八卦(1784)鶴菱卦「道頓堀で喰ふ伏見やの茶巾(ちゃキン)より味ひまさるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

献辞辞典「茶巾」の解説

茶巾

茶の湯で茶碗をふく布巾のことで、僅かですが茶巾でも購入される 足しにでもして下さいという意味合いがあり、お茶会に招待頂いた招待先の亭主などに対して 贈る謝礼の表書きの献辞(上書き)に用いられます。お茶会に掛かる費用の一部を負担しあうと の相互扶助の意味合いも込められています。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android