コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶巾 チャキン

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐きん【茶巾】

茶道で、茶碗をふく麻の布。点前(てまえ)のときは茶碗の中に仕組む。
茶巾絞り」「茶巾鮨」などの略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

献辞辞典の解説

茶巾

茶の湯で茶碗をふく布巾のことで、僅かですがでも購入される 足しにでもして下さいという意味合いがあり、お茶会に招待頂いた招待先の亭主などに対して 贈る謝礼表書き献辞(上書き)に用いられます。お茶会に掛かる費用の一部を負担しあうと の相互扶助の意味合いも込められています。

出典 (株)ササガワ献辞辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゃきん【茶巾】

茶の湯で、茶碗をふく布。奈良晒ならざらしなど麻布を多く用い、両端の切り口を裏表反対にかがってある。茶布巾。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

茶巾の関連キーワード勤・謹・今・僅・勤・均・巾・懃・斤・欣・欽・琴・禁・禽・筋・緊・菌・衾・衿・襟・謹・近・金・錦茶巾薯・茶巾藷栗きんとん茶巾百合絞り茶巾茶筅飾り茶巾捌き盆略点蕎麦鮨ざらし茶道具奈良晒茶の湯あん玉栗金団茶巾筒茶巾袋茶布巾照り布茶巾芋

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

茶巾の関連情報